デコレーションの豆知識

iphoneケースに斜めバブルデコが人気

斜めバブルデコ

授業で習う斜めバブルデコが人気

こちらの画像は本日のデコスクールの授業で生徒さんが作った作品です。

斜めバブルデコと呼んでいます。

クリアのiphoneケースに作るのは、接着剤がつきやすく難しいのですが、とてもキレイに仕上がりました!

 

デコレーションのオーダーで人気なのは、全部埋めるデコレーションばかりでなく、さりげないデコが大人の女性には人気です。

その中でもこの斜めバブルというデコは、キレイなのにラインストーンの使用粒数も少なく、予算も抑えられるため大変人気のデコです。

ですので、自分でインスタグラムやminne(ミンネ)でデコオーダーを取っていきたい人や、デコショップを開きたい人は、この斜めバブルデコの技術は必須です!

斜めバブルデコは難しい?

斜めバブルデコを習う生徒さんは口々に「難しい」とおっしゃいます。

普通のバブルデコもそうですが、ラインストーンを置く場所に完全な決まりがないため、その方のセンスや感覚が必要となってきます。

一番大事なのは、「ラインストーンを埋めている部分」と「ラインストーンが散っている部分」が完全に分離しないように、中間に「ラインストーンが密集している部分」をいかに自然に作れるかということです。

 

また、接着剤を塗る際に、はみ出さないように細心の注意を払わないと、どうしてもラインストーンの周りから、ボンドが溢れてしまい、汚くなります。

後からボンドを取ればいいのですが、クリアのiphoneケースに直接デコレーションをする場合、固まったボンドを取ろうとするときに傷がいってしまう可能性があります。

ですので、作業中からあまりボンドがはみ出さないよう慎重にボンドを塗り、ラインストーンを置いていかなければいけません。

 

他にも注意点はありますが、やはり斜めバブルデコやバブルデコは、シンプルなデコの割りに難しいです。

徐々に自然にストーンが減っていく感じが出せず、ラインストーンが埋まっていた所から、いきなり散っているような、埋めゾーンと散らしゾーンがくっきり分かれた仕上がりになってしまいがちなのです。

 

このあたりの技術は、やはりスクールや通信講座でしっかり学んで、何回も練習のために作成していかなければ上達しません。

斜めバブルデコはいくら位で売れる?

斜めバブルデコは、当然お店によって金額が違いますが、当スクールの運営するショップでは、トップの画像のような量でしたらスワロフスキー使用で4000円くらいで作成しています。

ラインストーンの粒数自体は上下あわせても150粒程度、スワロフスキーでも原価500円前後ですので、十分な利益が取れます。

 

これがminneやインスタグラム、メルカリなどですと、もう少し価格を抑えなければ売れないかもしれませんが、ここに一工夫付け足してオリジナリティを出せば、少し高くても売れるでしょう。

やはり大切なのは差別化です。

価格競争に巻き込まれると「あっちの店はいくらだから、うちはもっと安く・・・」と安売り合戦になってしまいます。

オリジナリティのあるデコを作成すれば、価格競争に巻き込まれず、希望の価格で勝負できるのです。

 

差別化というのは簡単な様で難しく感じるかもしれません。

しかしどのような商売においても、そこに頭を使わずに他のデコレーションショップの真似ばかりしてしまうと、必ず淘汰されてしまいます。

ちょっとの差でもいいので、「うちはここに自信がある!」というセールスポイントを打ち出せるようにしましょう!