デコレーションの豆知識

デコの歴史

デコは2004年頃に、叶姉妹や浜崎あゆみなど、芸能人がテレビなどで、スワロフスキーで埋めつくされたキラキラの携帯電話(当時はフィーチャーフォンでした。)を紹介して以来、一気に火が付きました。

当時は「デコ電」と呼ばれ、「デコ電」という言葉は当時の若者を中心に流行語となりました。

その後、デコ電を作ってくれるお店が2005年に登場し始めました。

当スクールもその頃から大手ショッピングセンターなどに店舗を展開していました。

その後、携帯電話やスマートフォンだけでなく様々な物にデコレーションすることから「デコ」「デコレーション」などと呼ばれてきましたが、派生して様々な「デコ」が誕生したため、スワロフスキーのラインストーンなどで「デコ」をする物を「クリスタライズデコレーション」「クリスタルデコ」「ストーンデコ」「デコアート」などと呼ばれるようになりました。

海外でも人気に火は付き、パリス・ヒルトンを始め多くの海外有名人が、日本の文化「クールジャパン」としてデコを取り入れました。

そんな人気でデコを習って技術や資格を習得する人もどんどん増えていきました。

デコレーションをする人の名称も「デコレーションアーティスト」「デコアーティスト」「クリスタルデコアーティスト」「デコリスト」など様々です。

現在は携帯電話やスマートフォンにとどまらず、バッグなどレザー製品にデコをしたり、車の車体にデコをしたり、グルーを使ってスワロボールを作ったり、レジンと組み合わせて電卓にデコをしたり、その幅はどんどん広まっています。

また素材もスワロフスキーにとどまらず、高品質なガラスストーンも登場したおかげで、アクリルストーンのようなおもちゃっぽい物でなく、ある程度品質の高いデコのスマホケースなどが安価で販売されるようにもなりました。

今では雑貨屋さんなどで、デコをした小物を見かけるのは当たり前のようになっています。

しかし安価で売っている小物には弱点があります。そういう物は大抵中国や韓国で生産されていますが、やはり技術は乏しく配列が汚かったり、ボンドがついてしまっていて輝きが半減していたり、ストーンが取れやすかったりします。

私たちはきちんとした技術で、スワロフスキーを使い差別化を図る事で、そのようなファンシー雑貨よりも高い値段で販売することが出来ます。

そのように現在では安価なデコと、職人によるハンドメイドの高級なデコとに2分化されています。